Road to PLR Riches

 

 

 

 

 

ニッチ市場で

プライベートラベルライトで

お金持ちになる方法

 

 

 

目次


・プライベートラベルライトとは?
・プライベートラベルライトで勝ち組になりましょう
・プライベートラベルライトでお金を稼ぐ方法
・メリットとデメリット
・プライベートラベルアーティクルで稼ぐ
・プライベートラベルE-BOOKで稼ぐ
・プライベートラベルソフトウェアで稼ぐ
・プライベートラベル商品で最大の利益を得る

 

 

 

 

Road to PLR Riches 

 

 

 

 

 

プライベートラベルライトとは?

 

 

インターネットの到来以来、ビジネスは順調に成長しています。

 


これはインターネットによって商品やビジネスに関する情報を、

瞬時に一斉に広められるからです。

 


そのため多くの企業は、オンラインビジネスが増え続ければ、

収益の可能性も確実に増えることを察知しています。

 


しかし、オンラインビジネスで収益を得るためには、

独自の商品がなくてはならない多くの起業家は主張しています。

 


あらゆるものが売る対象となり、ひとたびインターネットに挙がれば、

頭に浮かんだ考えまでもがその対象と見なされるためです。

 

 

ところが一般的な通念に反して、自身の商品を持っていても、

オンラインで取得できる“情報商材”付けられた、

“ライセンス”を使って収益をもっと増やすことができます。

 

 


これらはプライベートラベルライトとして知られています。

 


プライベートラベルライトとは、リセールライト市場のコンセプトとして表現される三つの“基本権利”の中の一つです。

 


三つの中で、プライベートラベルライトは、

最もたくさんの収益を上げられると考えられています。

 


プライベートラベルライト

“情報アイテム”に添付される証明書あるいは認可の形で表されます。

 


プライベートラベルライトでは基本的に、アイテムの内容をバイヤー個人の希望に応じて、変更や再編、改良をすることが許可されています。

 

 

 

Road to PLR Riches

 

 

プライベートラベルライトがあれば E-BOOK からコンテンツを切り離し
別の書物としてそれを販売することも簡単です。

 

プライベートラベルライトが良いのは
その逆のこともできる点です

 

 

 

例えば、アーティクルのコレクションのような情報商材を、

プライベートラベルライト付きで一セット購入できたとしたら、

法のリスクを負うことなくそれを一つの作品にまとめることができます。

 

 

 

つまり、違う所有者の違うアーティクル同士をまとめることができるのです。

 

 

平均的な思考力の持ち主でも、創造的な傑作を作り上げることができるというわけです。

 

 

さらに、プライベートラベルライトがあれば、

情報を付け加えて、もっと創造的なものにすることもできます。

 

結果として、

それがあなた自身の商品だという印象を与えることができるのです。

 

 

何より素晴らしいのは、

その作品に著者として自分の名前を置いてもいいという点です。

 

 

これはプライベートラベルライトの最も優れた点と言えます。

 

 

作品のオリジナルの著者を認知する必要がないのです。

 

 

 

 

ライセンス証

 

ライセンス証書01

 

ライセンス証書02

 

 

Road to PLR Riches プライベートラベルライト

 

 

 

 

プライベートラベルライトの価値にまだ十分お気づきでない方のために、

メリットをいくつか並べてみましょう。

 

 

 

1. あなたあるいはビジネス名をつけるだけで良い。

 

 

 

プライベートラベルライトがあれば、有益な商品を簡単に入手し、

自分の商品として利用することができます。

 

 

あなた自身がその分野でのエキスパートであるという、

好印象を与えることができます。

 

 

同様に、商品を購入してもらうために欠かせない、

『信用』を顧客から得ることができるのです。

 

 

 

 

2. あなたの創造力を引き出してくれる。

 

 

 

 

プライベートラベルライトの最も優れた点の一つに、様々な方法で創造力に富む人になれることが挙げられます。


異なる別々の要素を組み立てることで、全く苦労することなく新しい、

オリジナルに近い商品を作成することができるためです。

 

 

 

 

【重要】

3. 商品を展開させることができる。

 

 

 

 

プライベートラベルライトがあれば、もし商品があなたのテイストやニーズに合っていなくても、そこに修正や改良を加えることができます。

 


全く価値のない商品を探すという無駄な時間、あるいは新しい商品を一から作成する時間と労力を避け、収益を増やすことができるのです。

 

 

プライベートラベルライトは全く非論理的である、と主張する人もいるかもしれません。

 


しかし、特にその商品が、もう売り時を過ぎてしまった場合などは、

こういった販売方法はかえって売り手にとっても有益になります。

 

いま今すぐ購入する

 

 

プライベートラベルライト

すでに売れる見込みのない商品

いかようにも変更して売れるようにするための方法を教えてくれます

 

 

 

特徴を他の人に変更してもらうことで、

その商品は進歩し続けることができるのです。

 

 


実際、プライベートラベルライトの原理は、

自分の商品以外からも収益を望む、インターネットマーケターだけにではなく、

マーケット全体にも必要です。

 

 

ビジネス界にはギブアンドテイクの関係が内在しており、

それは収益があることで生み出されるからです。

 

 

 

 

 

Road to PLR Riches

 

プライベートラベルライトで

勝ち組になりましょう!

 


 

 

他人の作品を好きなように編集し、

それを自分の作品だと言えるなんて信じられますか?

 

 


さらに、その商品を販売して利益を得ても、

著作権侵害を問われることが全くないとしたら?

 


プライベートラベルライトのことをまだ知らなければ、

自分はからかわれているのだと思うでしょう。

 


でも、全て本当のことなのです。

 

 

 

そもそもプライベートラベルライトとは何でしょう?

 

 

 

プライベートラベルライトがなぜそれほど特別なのか、

その理由を知るためには、

リセールマスターリセールについても知っておく必要があります。

 

 


リセールライトとは、

ある作品(例えば本など)の所有者から与えられる権利のことで、

これがあれば自分の利益のためにその作品を用いたり、

配布したりすることができます。

 

 


マスターリセールライトとは、

さらに一歩進んで、リセールライト販売することができます。

 

 


“マスター”と呼ばれる理由は、

権利を獲得した人に与えられる許容範囲が広いためです。

 

 

マスターリセールライトで利益を得る場合、もし次に挙げるような権利も付いていれば、その目的を達成することができるでしょう。

 

 

 

 

  • 資料(商材)を変更できない状態で提供する
  • その資料を他のものと組み合わせる
  • その資料をボーナスアイテムとして提供する
  • その資料をウェブサイトのコンテンツとして使用する
  • その商品をいくつかの記事に分割する
  • その資料の権利や資料そのものをオークションに出す
  • 有料のメンバーシップサイトのコンテンツとして提供する
  • その資料のリセールライトを販売する
  • 資料の内容を変更する

 

 

 

これらの権利をひとまとめで購入できたらすばらしいのですが、

コストがかかります。

 


ところが、上記のことがすべてできて、

しかもマスターリセールライトほどコストのかからない方法があります。

 


もし資料の内容を変更する権利さえあれば・・・・・・

 

これがまさにプライベートラベルライトなのです。

 


これだけの権利が揃っていれば、他人の作品を変更することもできます。

 


お望みのどんな資料でも、それを変更することによって利益に結びつく、

作品を作り上げたことになるのです。

 

あるE-BOOKのプライベートラベルライトを獲得することができたとします。

 

 

これで何ができるか考えてみましょう。

 

 

まずは、内容を章に分割し、

それぞれをアーティクル(記事・商品)として販売することができます。 

 

 

 

逆に、アーティクル のセットをプライベートラベルライト付きで購入できた場合、それを一つにまとめて本として販売することもできます。

 

 

詳細を付け加えたり、取り除いたりすることで、

資料全体の内容を変えることができます。

 


また、画像やイラストのほか、音楽やビデオクリップといった、

メディアを加えることもできます。

 


このようにたくさんの事ができますが、何と言っても優れた点は、

資料を変更したことに対して、その原作者に、

伝えたりロイヤリティを払ったりする義務がない

ことです。

 


著者として自分の名前を入れて、

自分の作品だと主張することができる

のです。

 

 

こういった変更を加えて、作品を利用する方法はたくさんあります。


一つの資料から全く新しい商品セットに仕上げることができます。

 

 

E-BOOK を例にとりましょう。

 

 

アーティクルとして内容を分割してもよいし、

自身の作品としてメディアに紹介し、市場に出してもよいのです。

 


プライベートラベルライトがあれば、

ブランドを確立するのにも一役買ってくれるでしょう。

 

ご承知のように、ビジネスで成功するには独自性が必要です。

 

プライベートラベルライトで資料を変更し、

あなた独自のものにすることができます。

 

ターゲット顧客にそれを気に入ってもらえれば、

あなたをその世界でのエキスパートだと認識してもらえます。

 

 

商品やサービスを販売して、波に乗せることができるのです。

 

利益を得られるのはプライベートラベルライトを、

獲得した人だけではありません。

 


初めは理解しにくいかもしれませんが、

これはオリジナルの原作者のためにもなっているのです。

 


プライベートラベルライト付きのオリジナル商品の需要が増えると、

著者はその作品から利益を得られますが、インセンティブとして権利を付けることで、より高い値段をつけることができます。

 


その上、買い手の望むように内容を変更できる権利を販売すれば、

オリジナル作品に新しい命が吹き込まれることになります。

 


こうすることで、作品の寿命も延びるのです。

 


オリジナル原作者には十分な対価が支払われ、購入者には自由と柔軟性が与えられ、そしてエンドユーザーには役に立つ豊富な情報が与えられる。

 

 


プライベートラベルライト

オンラインマーケティング界 にとって

最高に素晴らしい商品提供方法の一つ

となっているのです。

 

 

 

 

 

プライベートラベルライトで
お金を稼ぐ方法

 

 

 

プライベートラベルライトリセールライトの違いが、

よく分からない人もいるかもしれません。

 


リセールライトには再販する権利がありますが、

 

  • フォーム
  • デザイン
  • 名前 

 

など変更することはできません。

 


一方プライベートラベルライトは、オリジナルを変更したり、

詳細を加えたりした上で『自分のオリジナル商品だ』

と主張することができるのです。

 


プライベートラベルライトを獲得できる商品の例としては、

E-BOOK やソフトウ ェア、アーティクルなどがあります。

 


例えば E-BOOK を取り上げてみましょう。

 

 

E-BOOK の著者が“携帯電話の技術”に関して、

プライベートラベルライトを与えるなら、

内容をこの変わり続ける技術に見合ったコンテンツに、

変更することができるというわけです。

 


さらにそこにあなたなりの特徴をつけ加えその技術について、

現在の傾向に最も見合う、サブトピックを作成することも可能です。

 


変更した後の E-BOOK には自分の作品として、

その権利を主張することができます。

 


あなたのアイデアがコピーされたり買われたりすることもありますが、

変更されたものから生じる、“新しい” 商品を再販する権利もあなたは持っているのです。

 

 

 

 

ベーシックなビジネス講習で教えられるのは
特定の市場に「売れる」オリジナル商品を開発するということです

‘新しいもの VS 変更されたもの’

 

 

 

Road to PLR Riches

 

 

 

 

 

オリジナルのデザインと機能があれば、その偉大な発明を「市場で披露する道」が容易に開けるのはすでにご存知でしょう。

 


とはいえ、

自身の商品を開発して作り上げるには、

かなりの労力が必要です。

 


いったん生産に踏み切られれば、その商品からの利益を様々な方法で得られるのは、オリジナル商品のメリットと言えます。

 


まず一つ目に、

自分の商品を全く変更しないで、

再販できる権利をビジネスオーナーに売ることができます。

 


また、商品に関するサイトを立ち上げたり、それに関連した他のサイトも通じて、宣伝をすることもできます。

 


商品が現在の技術的な規格に合っていない、顧客のニーズに応えていないと分かった段階で、内容を変更します。

 


新しく変更を加えられた商品は、新商品として、

新たに再販する権利が与えられます。

 


自分の商品を一度でも開発できれば、可能性は無限に広がるのです。

 


今度は、

プライベートラベルライトを獲得した結果、変更を加えられた商品のメリット

とはどんなものかを見ていきましょう。

 


一つ目は、

自分の商品を開発する時間がない場合に、非常に簡単に興せる点です。

 


プライベートラベルライトを獲得すれば

知的財産権の侵害を心配せずに

オリジナルの商品内容を

“合法的に” 利用することができます。

 


これは E-BOOKアーティクル、ソースコードなどの電子商材のほとんどに適用されます。


二つ目は、

既存の商品を変更する際に、自分の創造力を発揮することができる

点です。

 

 

ありふれたテーマのアーティクルを10個集めて組み立てる場合、

少し修正を加えて、一つのベーシックなアイデアに基づいたものを作り上げます。

 


そうすることでオリジナルのものよりも幅広いものができあがり、

これは個々に紹介していくよりもうまい方法と言えます。

 


また、オリジナルの資料とそのプライベートラベルライトを利用して、同じトピ ックのサイトを展開していくこともできます。

 


プライベートラベルライト

お金を稼ぐ可能性

計り知れません。

 


プライベートラベルライトを提供するアフィリエイトサイトなどを見ると、修正や変更はそんなに難しいものには見えません。


こういった状況から、多くのオンライン企業がチャンスをつかむ可能性が、そこに潜んでいることが分かります。


ふさわしい材料を見つけることが大切です。


そうすれば、すぐに商品に仕上げることができます。


画像やテキストを変更、修正すればうまくいくでしょう。


素晴らしいのは、望んだようにリパックしてバイヤーに提供できる点です。


さらに、商品はすでにあなたのものですから、そこにあなたの名前を載せ、署名を入れることもできるのです。

 

 

プライベートラベルライトを利用して、

創造力や工夫を少し働かせれば、

ターゲ ット市場に提供できる商品を作り上げることができ、

結果として多額の利益を得ることができるのです。


プライベートラベルライトがあれば、オリジナル商品を作り出し、

それを概念化する苦労がない一方で、

利益に関してオリジナルと変わらない結果をもたらしてくれます。

 

 

 

 

メリット デメリット

 

 

リセールライトは、アーティクルや本の所有者が、それを他人に販売し利益を保持する権限を売ることです。

 


一方、プライベートラベルライトは購入者にアーティクルやテキスト材料を好きなように使うことを許可するものです。

 


P L R があれば、

自分で商品を作る苦労もなくして自身の商品を所有することができます。

 


アーティクルの所有権があれば、好きなように改訂や編集ができます。

 


さらに、そこにリンクを張ってもイラストや画像を付け加えてもよいのです。

 

しかもあなた自身の署名を入れることができます。

 


プライベートラベル商品には、情報商材やグラフィックファイル、ソフトウェアなども含まれます。

 

E-BOOK レポートアー・ティクルは、

中でも取り組みやすい材料です。

 

 

P L R の デメリット

 

 

P L R アーティクルの唯一の弱点は、購入したアーティクルに独自性がないことでしょう。


販売数が限られているとはいえ、複数の人が購入するためです。


しかし、内容を変更することはできますから、独自性を出すように変更し、

オリジナルなものとなるよう作風やトーンをアレンジすることができます。


全く同じ“プライベートラベルライト”を持っている人がたくさんいても、

ライティングの才能があればオリジナルのアーティクルを作成でき、

競争に巻き込まれることもなくなります。

 

 

  • コンテンツを変える
  • 章をアレンジする
  • 不要な段落を削除する
  • 魅力的なタイトルにする
  • 著者の名前をあなたの名前にする

 

これだけ行えば他の誰とも違ったものができあがるでしょう。

 

 

 

P L R の メリット

 

1. 時間が節約できます。

 

 

よくリサーチされた内容の濃いアーティクル、しかも何章も何ページもあるものを書こうとしたら、

少なくとも 50 時間くらいの時間と労力が必要でしょう。


P L R  コンテンツがあれば、わずかな時間で満足のいくアクセスを得ることができます。

 

2. “アウトバウンドリンク” がありません。

 

 

 

P L R アーティクルでは、最後に “アウトバウンドリンク” を張る必要はありません。


これにより読者はあなたのアーティクルにだけ注目できます。

 

自分のサイトやアフィリエイターへのリンクは張ることができます。

 

3. コスト効率が良いです。

 

ライターを雇うにはコストがかかります。


平均してアーティクル一枚につきおよそ17ドルかかると言われています。


50ページアーティクルの場合、850ドル(¥111,494)もかかってしまうのです。


一方、一般的な P L R アーティクル 200点でわずか29ドル~30ドルです。

 

 

4. 改訂や変更ができます。

 

 

章を加えたり削除したりすることも、言葉を変えたり必要なキーワードを加えることもできます。


これは、サーチエンジンの高ランキングに載せるためにとても有効です。

 

5. 自分の名前をブランド化できます。

 

買い物は信頼ある人、よく知っている人から行いたいものです。

P L R アーティクル では、自分の名前という大切な、

「情報を著者」として表示することができます。

見込み客があなたのサイトに目を向ける時、そこにあなたの名前を見ることで、

信頼できると直感的に感じてくれます。

 

6. それだけで完全なものです。

 

P L R アーティクル は、一見しただけでも、ポイントと要素が完璧に押さえられたものとして提供されます。

 

7. エキスパートが書いています。

 


一般的に “プライベートラベルアーティクル” のほとんどは経験豊富なライターによって書かれ、それは最新の研究、調査、および情報に基づいて編集されています。


信頼できる人から “プライベートラベルアーティクル” を購入して利用すれば、上質のものを手に入れたことが保証されます。

 

条件を必ずチェックし、アーティクルの内容を変更できることを確認します。


P L R アーティクルを最大限生かし、利用できる唯一の方法だからです。


プライベートラベルアーティクル E-BOOK は、ウェブマスターの要求を満たしてくれるものです。

 

くまなく調べられた市場での具体的な問題や疑問に応えるように書かれているためです。


上手に市場で売り込めば、確実に売上げにつながるでしょう。

 

 

Road to PLR Riches

 

プライベートラベルアーティクルで稼ぐ

 

 

 

P L R アーティクル について知っている人はあまり多くありません。

 

 


まして、注目すべき理由について知っている人はさらに少ないでしょう。

 

 


あなたは一歩先を行って P L R ついてできるだけたくさんの事を知り、これを最大限利用して利益を出していきましょう。

 

 

 

 

1.  時間と労力が節約できる

 

 

アーティクルを一点書くにはどのくらいの時間と労力が必要か、おそらくご存知だと思います。


平均で700単語 からなる一つのアーティクルを書き上げるためには 2時間かかります。


50ページ以上のサイトを作成しようとするなら、単純にコンテンツを書く仕事がどれほど大変かお分かりですね。


P L R アーティクルを利用すれば、この時間と労力が節約されます。

 

 

2.  全て自分に返ってくる

 

 

P L R アーティクル に原作者の存在を示す必要はありません。


アーティクルをサイトで発行する際には、他のアウトバウンドリンクやアーティクルは含まれていませんから、リンクの焦点をあなたとアフィリエイターだけに合わせることができます。

 

 

3.  コストが節約できる

 

 

これは、時間と労力の節約ではなく、単純に経済的な意味での節約です。

 

サイトのコンテンツ作成にライターを雇うと、一記事あたり平均でおよそ 1 5ドルかかります。


あなたのサイトに20アーティクルを定期的に(例えば二週間毎としましょう)アップデートするとした場合、その請求額がどのくらいに跳ね上がるかはご想像の通りです。


一方、P L R 「ひとまとまりのアーティクル」購入すればかなりセーブできます。


まとめて購入する場合、200 もの アーティクル を、

わずか 30ドル にも満たない金額で入手できるのです。

 

 

 

 

4.  自由に編集できる

 

 

アーティクルの書かれ方やテイストが気に入りませんか?


P L R なら原作者の許可をもらう必要もなく、内容を変更すことができます。


またSERPs(Search Engine Results Pages、検索エンジン検索結果)

で高ランキングに載せるためにキーワードを入れることもできるので、

特にサーチエンジンでサイトを最適化する際には非常に役立ちます

 

 

5.  自分のブランドを作ることができる

 

 

他と区別されること、これが何と言っても大切です。


P L R アーティクル では、内容に関連した最新の情報を盛り込むことができます。


そうすると、エキスパートとして一目置かれることができるのです。


人は信頼ある人についていくものですから、リピーターがつく可能性もぐっと上がります。

 

 

6. expert エキスパートになる

 

 

P L R にアーティクルを投稿するライターの多くは専門家です。


あなたが興味を持つ分野の、最新情報を得る手段が彼らにはあります。


その彼らから権利を得ることで、定期的にお金を払い雇ったりしなくても自分をプロフェッショナルに仕立てることができるのです。


ひとまとまりの P L R アーティクルとある程度の創造力で、

アーティクルの寿命をオリジナル以上に延ばすことが可能です。


したがって、PLRアーティクルの提供者には、その品質をよく把握するためにサンプル作品を見せてもらうようにしましょう。


P L R アーティクル を真剣に捉える理由はお分かりになりましたね。

 

では次、

 

 

利益を得る方法について

いくつか挙げていきましょう

 

 

1. 編集してリスティングやレポートを作る

 

 

同じテーマの一連のアーティクルを一つにまとめ、レポートやリスティングを作成します。


誰にでもできると思われがちですが、実際にこれを行っている人が非常に少ないのが事実です。


数々のアーティクルを読む十分な時間、読む意欲を持つ人は少ないのです。


彼らが望む情報を、簡易版で提供すればうってつけです。

 

  • レポートにして無料で提供したり
  • 自分の商品として販売したり
  • サイトのコンテンツとして利用

してもよいでしょう。

 

 

2. PLRコンテンツから 

  短いアーティクルシリーズで作る

 

これはメールキャンペーンの際に特に役立ちます。

 

シリーズ は読者と続きを作成するための、非常に効果的な方法の一つです。


メーリングリストに登録してもらうには、あなたのオファー内容を十分に知ってもらう必要があります。


メールを送り、サイトにもっと定期的に来てもらえるようプロモーションしましょう。

 

 

3. E-BOOKを製作する

 

 

ひとまとまりの P L R アーティクル から E – B O O K を製作し、自分を著者とすることができます。


これは全く新しい商品ということになり、

リパックしてリセールライト付きで販売することが可能です。


あなたと同じように、市場に応じるべくプロモーション用の材料を探している人がおり、

その数はますます増え続けています。


お分かりのように、PLRアーティクル は役立つコンテンツを提供する、

という面において有益なだけではありません。


コストの上でも労力の上でも能率的であり、つまり自分の時間をもっと大切なこと、ビジネスでもそれ以外のことでも、に集中させることができるという意味なのです。

 

 

プライベートラベル E-BOOK で稼ぐ

 

 

プライベートラベル商品の中で、最も有益なものの1つに E-BOOK があります。


従来、マーケターは E-BOOK の著者からリセールライトを購入し、その内容をそのまま再販売していました。


これは作者にメリットがありました。


作品に手を加えられることがなかったからです。


そのうえ、E-BOOK の多くは、作者が関心を持っている商品にリンクしています。


結果として E-BOOK の売り手が作者のマーケティング・エージェントの役目も兼ねていたわけです。

 

本が売れるたび、そこに含まれるアフィリエイトリンクが各顧客の目に行き渡っていたのです。


しかしながら最近、マーケターの間では新しいタイプのリセールライトがポピュラーになってきました。


本を再販する権利だけでなく、そこで望んだどんなこともできる権利を得るものです。


法に触れることなく、ニーズに合うように本のコンテンツを編集したり、変更したりできるようになりました。


リセラーにとっては、自分の顧客に合うようデザインされた材料から新しい独自の商品を作り出せるというわけです。


プライベートラベルライトの下で再販されている E-BOOK は、

たいていゴーストライターによって書かれています。

 

これらの作品は通常、文学賞を受賞したりベストセラーになる類のものではなく、

特定の市場に合った基本的なテキストです。


だからと言ってこれらに価値がないという意味ではありません。


ニッチ市場のニーズを非常に満たしていると言えます。


リセラーがターゲット市場で上手に操ることができるのなら、莫大な利益につなげることができるでしょう。


入手したプライベートラベル E – B O O K を最大に生かすために、

リセラーができることは何でしょう?


実際、できることはたくさんあります。


創造力を少し働かせれば、顧客が他で見つけられない本を販売することができるでしょう。


同じ商品を売っている他のリセラーと競争する必要はありません。

 

ターゲット市場に合うように本のコンテンツを変えることができるからです。

 

  • 章の配列を変えたり、
  • 新しく加えたり、
  • 人目を引く新しいカバーを作ったり、
  • タイトルを変更したり、
  • 画像やイラストを含む

こともできます。


作者の名前さえ変えることができます。

 


そして、全体を吟味検討すれば、顧客がその価値を認める、完全に新しい独自なものが出来上るのです。


もちろん、マーケターが材料に対して、何でもやっていいという、

このアイデアに関しては、反対意見もあります。


タイトルが違っても基本的なコンテンツは同じという本が市場にあふれる可能性はあります。


消費者の信頼が薄らぐかもしれません。

 

もう一つデメリットとして、こうして配られた材料は、よく知られた著者によって書かれた関連本に比べれば信用は薄いでしょう。


こういった類のことは避けるのが難しく、実行する際にはよく考える必要があります。


マーケターは、

利益を生み出す方法を探る手段の、プライベートラベルE-BOOKを捉え、

大きなビジネスを構築するきっかけだと見なすべきでしょう。

 

 

 

プライベートラベルソフトウェアで稼ぐ

 

 

プライベートラベルソフトウェア商品の場合、商品の核となるテクノロジーは、

別の人(あるいは会社)によって開発、所有されている場合があります。


一方リセラーは、そこに自分のブランドを置いたり、レイアウトやカラースキーム、ロゴ、言語などを利用し自分が作成したように見せることで、そのソフトウェアをオーダーメイドすることができます。


さらに、そのソフトウェアにふさわしいプログラム名や会社名、サイト名を付けることもできます。


ソフトウェアのメーカーは、ブランド商品を、

完全なリセールライト付きでリセラーに提供してくれます。


もちろん、販売方法やロイヤリティに関しては干渉しないという理解のもとであり、これはリセラーが独自で価格設定ができ、利益も自分のものにできることを意味しています。


また、商品はフルバージョンでもデモバージョンでも提供することができます。


デモバージョンがあることで、それがダウンロードされる度にアクセスを増やすことができるのです。


一般的に、リセラーが行えるプライベートラベリングとブランディングには二つの段階があります。

 


一つにはリセラーが管理、実行するテストや調査、二つ目に同じ事をクリエイターやホストが行える技術やアプリケーションです。


ソフトウェアの所有権を譲渡する段階でクリエイターからおそらく提供されるのは、

トランザクションのドキュメンテーションと、

購入したリセラーがそれぞれタイトルにするための URLです。

 

この URLで、リセラーはその所有権を他人に証明することができます。


ソフトウェアは、プライベートラベル付きで提供できる多くの商品の中の一つであるだけです。


素晴らしいマーケティング能力があるリセラーは、プライベートラベルライト商品を工夫し、莫大な利益を導くことができます。


彼らがすべきは、自由に改良できる商品と、ふさわしい市場を見極めることです。

 

 

 

プライベートラベル商品で
最大の利益を得る

 

 

このレポートも終わりに近づいてきました。


プライベートラベルライトで最大の利益を生み出す方法について、

総合的なガイドラインをここに挙げてみましょう。

 

 

1. サイトに掲載されるアーティクルを作る

 

 

アーティクルにあなたの署名やリソースボックスを添付して発行します。


訪問者にそのアーティクルの再発行を許可するかわりに、彼らのサイトにもあなたのリソースボックスを添付してもらいます。


これによりあなたのアーティクルがウェブ上に広まり、同時にリンクポピュラリティを高めることができます。

 

 

2. メールマガジンのアーティクルを作る

 

 

アーティクルにあなたの署名あるいはリソースボックスを添付し、それをメールマガジンで発行します。


アーティクルは再発行が可能な旨を伝え、その際にはあなたのリソースボックスを添付してもらうようにします。


リンクポピュラリティを高めると同時にアーティクルが広まるという事実に加えて、ページランクも上がります。

 

 

3. PLRアーティクルをフリーボーナスで提供する

 

 

知覚価値が上がり、見込み客にとってはあなたの商品を購入するきっかけとなるでしょう。

 

 

4. PLRアーティクル を オプトインのボーナスとして提供する

 

 

訪問者を引きつけ、メーリングリストへの申し込みを促します。

 

5. オリジナルの情報商材を作成する

 

 

アーティクルを修正し書き直すことで、全く違ったものを作り上げます。


著者名はあなたの名前を入れます。

 

 

6. メールマガジンの “アーティクルディレクトリ” に投稿するた          めの新しいアーティクルを作成する

 

 

7. コンテンツを作成し他のウェブサイトとトレードする

 

 

あなたの署名あるいはリソースボックスを付けて、

アクセスの多いサイトを持つ人の間でトレードします。

 

 

8.  PLアーティクルからアーティクルを作成し
     他の人の商品をプロモーションする

 

あなたの署名あるいはリソースボックスを付けて、

“アフィリエイトプログラム”をプロモーションします。

 

9. アフィリエイター用プロモーションコンテンツを作る

 

 

あなたの署名あるいはリソースボックスを付けたアーティクルに対して、

アフィリエイターにリンクを貼ってもらいます。

 

 

10.  新しいオリジナルの情報商材を作成し
        リセールライトで販売する

 

 

PLRパッケージのほとんどは、ある一定のバイヤーだけに行き渡りますから、グーグルにあなたの商材が数え切れないほど載る、という心配はありません。

 

 

PLRアーティクルを書き直したり、変更したりできる権限があるということは、同じアーティクルを購入し、外見を変えた誰のものとも全く別のアーティクルであることを表しています。

 

コツ P L R パッケージ を購入する前には、契約条件をよく読みましょう。


コンテンツの書き直し、変更、削除をいかなる方法でもできる権限、そして新しいアーティクルに自分の名前を入れられる権限があることを確かめて下さい。